【結論】評価に直結する「自分の意見」はこう書け!

【結論】評価に直結する「自分の意見」はこう書け!

10,000人を代行したプロが教える「レポートの書き方」完全講座④レポートの評価は「自分の意見」の書き方によって大きく変わる

こんにちは。代表の高橋です。
この講座の目的は「レポート代行を依頼しなくても、自分でレポートをスラスラ書けるようになること」です。
実際にそうなってしまえば商売上がったりですが、ぜひ一人でも多くの読者が「代行なんて、不要だ!」と思ってもらえるような質の高い講座にしていきたいと思っております(笑) 

さて、今日は自分の意見の書き方をお教えします。
レポートの最後に必要なのが「自分の意見」。

これをうまく書けなければ、それまでいくら上手い説明や文章を書いていたとしても良いレポートにはなりません。
最終的な評価は「で、あなたは何が言いたいの?」って部分で決まってしまうからです。
ここがちゃんと書けていなければ良い評価はついてこない訳ですね。

そこで今回は簡単に「自分の意見」の書き方についてお教えします!

パターンは2つだけ!

レポートで「自分の意見」の書き方は2つしかありません。

①自分の意見の証拠を積み重ねる方法
②自分の意見を三段論法によって裏付ける方法
 
難しい言葉で言えば①は帰納法、②は演繹法と呼ばれるものです。
まぁこんな言葉、あまり使う機会はないので、覚える必要はありません(笑)
大事なことはレポートを書くのであれば自分の意見はどちらかの方法を選択しなければならないということです。

イメージは「刑事ドラマ」で掴もう

この2つの書き方、使いこなす上で刑事ドラマをイメージしてみると分かりやすいと思います。
あなたの最終的な意見(結論)が犯人だとすると、それぞれの書き方ごとに以下の通り展開します。


①のパターン

結論「犯人はお前だ!」

(証拠1)お前が持っているシャツのボタンが現場に落ちていた。
(証拠2)犯人しか知らないはずの殺害直前の部屋の配置をなぜかお前は知っていた。
(証拠3)その日にお前が着ていたジーンズには血痕が残っている。

だから、お前が犯人に違いない!


②のパターン

結論「犯人はお前だ!」

(論理1)この殺人事件は、向かい側のマンションから弓矢(アーチェリー)を使って被害者を殺したものだった。
(論理2)犯人のいたマンションと被害者のマンションはかなりの距離が離れており、弓矢(アーチェリー)のプロにしか犯行は難しい。
(論理3)犯人のいたマンションの住人のうち、弓矢(アーチェリー)のプロはお前しかいない。

だから、お前が犯人に違いない!


いかがでしょうか。
それぞれ、結論は同じであっても、結論に向かうルートが違うことに
ちなみに、①は事実の積み重ねに過ぎないので反論が容易にされてしまうという欠点、②は論理破綻なく展開することが非常に難しいという欠点が、それぞれあります。

テーマやレポートの難易度によってうまく、この2つの書き方を使い分けることが必要です。
ただし、あくまで1つのレポートに、いずれかのパターンを使うことが大切です。両方を使ってしまうと非常に分かりにくいレポートになってしまうためです。

ぜひ「意見の書き方」をマスターして高い評価を勝ち取りましょう!

【結論】評価に直結する「自分の意見」はこう書け!に関連する記事

【注意喚起!】こんなレポート代行・卒論代行業者、増えてます‥

【注意喚起!】こんなレポート代行・卒論代行業者、増えてます‥の画像

【注意喚起!】こんなレポート代行・卒論代行業者、増えてます‥

レポート・卒論代行プレミアムコンシェルジュは、去年末にサービス提供を開始しました。しかし、代表である私自身は同業界に10年近く関わってきました。その中で、業界の移り変わりを長い間、見てきましたが、近年、ある特徴を持った業者さんや個人でのサービス提供者さんが増えていることに気が付きました…

【誰でも簡単!】卒論の構成方法 その1「まずは論文の軸を見つけよう!」

【誰でも簡単!】卒論の構成方法 その1「まずは論文の軸を見つけよう!」の画像

【誰でも簡単!】卒論の構成方法 その1「まずは論文の軸を見つけよう!」

卒論を構成する際に一番重要なこと。 皆さんは何だと思いますか?

結論から言えば “「軸」を見つけること” です。
卒論の「軸」が何なのか、これを明らかにしておくことが重要です。 では具体的に「軸」とは何でしょうか...

【最終手段】信頼できるレポート代行業者を確実に見分けるたった1つの方法

【最終手段】信頼できるレポート代行業者を確実に見分けるたった1つの方法の画像

【最終手段】信頼できるレポート代行業者を確実に見分けるたった1つの方法

レポート代行や論文代行において重要なのは結局は、納期通りに質の高いレポートや論文を納品してくれるかどうか、ですよね。
だから、最終的には納品されたレポートを見るまでは信頼できる業者だったかは分からない訳です。こんなことを言うと元も子もないかもしれませんが、この点を分かっていれば、「できること」があるんです。それは…